初診予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ。
0742-35-3566
火・水・金 13:30~20:00、土 13:00~18:00

西大寺高橋矯正歯科|奈良県奈良市の歯科、矯正歯科(歯並び)

STAFF BLOG
スタッフブログ

西大寺 高橋矯正歯科 TOP»  スタッフブログ

Pickup menu

スタッフブログ

Mobile site

出先で住所を知りたいとき、お電話でお問い合わせなど、ブックマークして頂くと便利です。

交通アクセス

西大寺 高橋矯正歯科
〒631-0821
奈良県奈良市西大寺東町2-1-55
丸和西大寺ビル6F

大阪・兵庫・京都からもアクセス便利!
近鉄大和西大寺駅(北出口)より徒歩1分

  • 大阪/大阪難波より35分 [J近鉄/奈良線]
  • 兵庫/三宮より80分 [阪神本線]
  • 京都/京都より30分 [近鉄京都線]

Yahoo路線情報検索はこちら→

【 近隣路線図 】 詳しくはこちら→

イメージ:近隣路線図

【 周辺拡大図 】 詳しくはこちら→

イメージ:周辺拡大図

再現性

再現性

最近、小保方さんの論文が物議をかもしています。再現性がないという点が問題視されているようです。
科学者にとりその部分は一番重要性をもちます。

話は変わりますが、顎関節の位置が安定したかどうか、安定しなければ、矯正治療には入れません。
患者さんから《まだですか?》と質問を受けると、院長は《CPI(condyle position indicator)計測値が安定する必要があります。
CPI計測値が同じ方法で同じ点に安定する事が重要です。
術者がなんとなく安定してきたかな?というものではなく、科学的に証明されないとダメです》と答えます。歯科矯正学も科学です。
科学とは再現性があるということです。誰がしても、同じ答えがでて証明できるのが科学なんだということです。
矯正治療も科学的に行われなくては意味がありません。
ロスフィロソフィーは診断が科学的に行われていることが、安定した治療結果を得ることにつながります。
でも科学的に論理的に積み木を積み上げて答えをだすロスフィロソフィーですが、ロス先生の残された言葉が一つあります。
《最後の部分はアートなんだ》科学的にとことん突き詰めていく方法をとりながら仕上げはアートだという言葉の意味に院長は、こだわり続けてきました。
患者さんとも矯正治療が終わる頃、アートの話をしたりします。
芸術性をもった仕上がりを最後には追求したい。
勿論、当院は審美歯科ではありません。
健康な噛み合わせを取り戻す医療機関です。
院長はアーティストではなく、誰よりも科学者であることは間違いありません。
矯正歯科医はethetic dentistry を行っているわけではなく、healthcare dentistryをおこなっていることに矜恃をもっていきたいと考えています。

2014-03-16 00:00:00

スタッフブログ

 
ページ上に戻る